上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.05 ビジネスマン
        
      
     


   



  
メルマガ動画2人気社長ランキングが凄いことにっ!【入口】メルマガ動画3




米BLOOMBERG社と英HSBCによる顧客向けディスカッションに参加しました。

今回の講師は、ソニー会長兼CEO、内閣官房IT戦略会議議長、社団法人経団連副会長、ソニー最高顧問などを歴任された出井伸之氏でした。

出井氏と私
※写真は、私と出井伸之氏


ディスカッションの内容は以下の通り

・現状を守る事を目的とした政策が多いが、それれらは何ももたらさない、新しいものを作る事に注力すべきではないのか
・日本人は、ピンチをチャンスと捉えているのか、中国は間違いなく現状の世界経済の落ち込みをチャンスと捉えている
・コンテンツビジネスの重要性、日本の役割、目指すべき姿

彼は、50年近く製造業に身を置いた方であるにも関わらず、製造業を続けても日本には未来がない、日本が目指すべきは知的ビジネスであり、シンガポール、香港を見習うべきだという私がこれまでブログに書いてきた内容とほぼ一致する内容であり、非常に面白いディスカッション内容でした。企業の製造業拠点の海外流出問題についても、最低賃金引き上げ、派遣労働法改正で慌てて海外に行くようではダメだ、もっと自発的に、積極的にグローバル化する必要があると。私は、グローバル視点で事業コンテンツの充実をしなければならないことを再認識、早速今日はその準備に取り掛かっています!





彼をネットで調べると、以下のような評価がありました。
1、ソニーの経営戦略をものづくりからコンテンツ重視に転換したことでソニー凋落の原因を作ったとも指摘され、2004年1月12日発売の米ビジネスウィーク誌が選ぶ「2003年度最悪の経営者」に選定
2、『日経ビジネス』2005年12月12日号において三洋電機の井植敏、ライブドアの堀江貴文らを抑え、最悪の経営者ランキング第1位に選定

最悪の経営者ランキング1位に選定されていますが、それは彼の意見が少数派意見であったと言うだけで、多数派意見が今のこの世界的に出遅れた日本を作ってきたこと意識しなければなりません。多数派が正しいと言うわけではないのです。

ディスカッション後の懇親会では、複数の金融機関の方や記者の方ともお話しの機会があり、ヘッジファンドでは出来ない自社の強みの再発見が出来ましたので、今日は早速そのコンテンツの充実に注力しています。

俺、やりますばい!


PS. 人気社長ブログランキングクリックの応援ありがとうございます。私の活力です・・・rankingブログランキング

メルマガ動画2ランキング【投票】メルマガ動画3




11月5日チェック
×  10人にありがとう 
○  5人からありがとう 
×  クリック募金    
×  6時起き
○  rankingクリック   
○  会社方針を読む  
○  年間目標を読む


リンク 投資情報 投資顧問 fx CFD 福岡ホームページ作成 リアルタイム株価 レコンテオンライン シェアティブ225
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。