上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
      
     


   



  
メルマガ動画29月中にランキング1位奪還をします!【投票】メルマガ動画3






■その1

世界的大不況の中、経済対策議論のひとつとして、格差是正といった資産の再分配について語られることが多くなってきています。果たして、格差の縮小は経済拡大の要因になるのでしょうか???私は、努力が報酬によって報われることが、経済成長に繋がるという考えの格差容認論者であり、格差是正は経済成長ではなく経済縮小の要因になると考えております。

努力する者、しない者が平等に評価される社会というのは、不公平(アンフェア)な世の中であり、努力する者、しない者に格差を容認出来る社会こそが、公平(フェア)であるのではないでしょうか。私は、平等社会であることは不公平であると思うのです。

また、努力によって格差が生じるからこそ、そこに努力をする者があるのであって、努力する者がいるから経済は成長するのです。努力によって生まれた格差を容認できないのであれば、そこに努力する者が現れず、努力する者がいなければ経済は成長しないのです。

格差について問題であるのは、格差の固定と再生産であり、格差そのものではないのです。ハンディキャップを持ってある方へのセーフティーネットや資産の再分配についての深い議論が必要であると思いますが、経済成長や格差問題を結び付けるべきではないのです。

大不況下で過去最大の失業率で就職先がないのであれば、戦略的に規制緩和を行い、起業しやすい環境整備と、努力によって報われる格差の容認をすることが、真の経済成長策なのではないでしょうか。

このブログでも再三指摘している農業で例えるのなら、農地法の改正を行い、農業を輸出産業にする、その他付随する業務を官から民への流れを加速することが、起業率の向上、その起業率の向上は雇用を作るのです。現行法では、農地は世襲、新規参入規制がありますし、農家が赤字になれば損失補てんをすると民主党は頓珍漢な政策を謡っているのが現状です。

過去にNTT改革によって、競争促進策が採られたことで、ソフトバンクが起業され、同社が通信に新規参入を行ったことで、世の中にインターネット常時接続が普及し、私のようなネット起業家が生まれたのです。派遣労働法についても、派遣労働が容認されたからこそ、産業の海外流出に歯止めがかかり、また短期労働を希望する者の雇用が創られたのです。真面目に働きながら貧困に喘ぐワーキングプアといった方々の起業しやすい環境づくりについて、規制緩和と格差要因の観点から深い議論があってもいいのではないでしょうか。

社会が経済で成り立っている限り、格差0にすることは不可能であり、格差容認と規制緩和によって起業率を上昇させ、産業を創出することが真の経済成長論ではないでしょうか。

■その2

次に日本国は、経済格差が大きいのだろうかという議論です。世界的に格差は過去に比べ拡大しているのは確かなことですが、格差問題について、日本国民はマスコミの煽りに踊らされている感がないでしょうか。

最高所得層と最低所得層との比(最高所得層が、最低所得層の何倍いるか)は下記表をご覧ください。


所得格差

メルマガ動画2ランキング【投票】メルマガ動画3


日本は、報告書の対象としている国の中で、一番低い値(格差が小さい)となっています。

格差を表す指標にジニ係数というものがあります。ジニ係数の範囲は0~1で、係数の値が0に近いほど格差が少ない状態で、1に近いほど格差が大きい状態であることを意味します。ちなみに、ジニ係数0のときには完全な平等、つまり皆同じ所得を得ている状態を示します。このジニ係数の主要国比較は、以下の通りとなっています。


ジニ係数

メルマガ動画2ランキング【投票】メルマガ動画3


成人一人当たり純資産のジニ係数は、G7中最も低い0.547であり、日本はG7中最も保有資産の格差が少ない国となっています。

次に、この所得格差の拡大について、重要な落とし穴があります。それは高齢化による自然的な所得格差の拡大です。

現役世代の年収500万円と600万円の所得格差は金額で100万円、倍率では1.2倍です。しかし、年金受給者となると、国民年金のみの方の80万円と、厚生年金の180万円の方では、金額の差は現役世代と同じ100万円ですが、格差倍率で表記すると2.26倍となります。つまり、高齢者の比率が上がると所得格差は当たり前に大きくなっていくので、マスコミの言う所得格差の拡大には、(差額ではなく)倍率表記である為のトリックがあり、格差拡大の本質的な要因のひとつなのです。

だまし絵


世の中の風潮にぶれない、だまされない考え方を持ちましょう。以上、なんとなくですが、この社会主義的風潮に危機感を感じています。
反対意見、賛成意見のコメントお待ちしております。


PS. 人気社長ブログランキングクリックの応援ありがとうございます。私の活力です・・・rankingブログランキング

メルマガ動画2ランキング【投票】メルマガ動画3




9月3日チェック
×  10人にありがとう 
○  5人からありがとう 
○  クリック募金    
×  6時起き
○  rankingクリック   
○  会社方針を読む  
○  年間目標を読む


タグ 投資 証券比較 福岡ホームページ制作ドッと混む リアルタイム世界の株価 レコンテ シェアティブ
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。