上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
 
     
     
  
   


  
メルマガ動画26月24日のアフロ社長は何位???【入口】メルマガ動画3


アイリンク君




■“東国原劇場”識者は? 「計算し尽くされた発言」「条件設定は小物感」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000591-san-soci

自民党からの出馬要請を受け、次期衆院選候補者の“目玉”として一気に浮上してきた宮崎県の東国原英夫知事。条件に掲げた「総裁候補」は党内からの厳しい批判にさらされたが、知事は24日の記者会見で、「いたって真剣だ。おちょくっていることはない」と国政進出への意欲を改めて口にした。全国の注目を集める“東国原劇場”。識者たちは一連の発言をどうみているのか。

 「計算し尽くされた発言だ。どう転んでも知事にマイナスになることはなく、したたかさを感じる」

 こう分析するのは政治評論家の浅川博忠氏。

 「『総裁候補』を条件に掲げることで、国民向けには国政の立て直しに本気で取り組むという姿勢をアピールしている」と指摘。一方、短期間での知事職の“投げ出し”を警戒する県民に対しては、「ハードルが高い条件を自民が飲まない限り、知事職を簡単に放棄することはないというメッセージを打ち出している」とし、自民党との出馬交渉が頓挫して知事を続投することになったとしても「県民には悪い感情を残さないだろう」と予測した。

 こうした見方に対し、評論家の塩田丸男さんは「少なくとも知事を1期は務めて実力を蓄えるべきだ。今の高い人気には、タレント時代のものもある」と、早期出馬にクギを刺す。「総裁候補」の条件についても「本当に自信があるなら、条件をつけず、党内から総裁待望論がわき上がるのを待つべきだろう。むしろ、条件設定は“小物感”を漂わせてしまっている」と辛口だ。

 評論家の小沢遼子さんは「今の自民党の苦悩ぶりが図らずも浮かび上がった。知事からは見下されたような発言をされ、党内からも反発を招き、予想以上に大きなイメージダウンにつながってしまった感がある」とした上で、「知事は結局、出馬しないのではないか」と話す。

 仮に東国原知事が出馬した場合、実際に「集票マシン」として機能するのだろうか。

 浅川さんは「タレント候補に飛びつく姿勢は、むしろ逆効果。自民党のもくろみに、国民はそう簡単に乗ってこないだろう」と否定的だ。


ズバリ斬る!


国政を目指す全ての者は東国原知事を見習うべきではないだろうか?本気でこの国を考えるのであれば、やはり全ての国会議員は総裁を目指すべきと思います。また、2世、3世の使えないお飾り職業議員などは、この国政の場に必要ないと思う。

総理を目指さない国会議員は、議員失格でしょう

上記は、産経新聞が報じた識者連中のコメントであるが、識者は国政を何の場と考えているのだろうか?私は、将来の日本を背負う身として、東国原知事が国政を目指すのであれば出来る限りの応援をしたいと思います。





『せんたく』のメンバー、民主なら前原グループ、自民なら中川秀直グループとの旗揚げも期待しておりますが・・・



さて、このところブログの更新に手が回っておりません。近日中に会社ホームページをオールリニューアル予定・・・rankingブログランキング


駐車場



PS. 人気社長ブログランキングクリックの応援ありがとうございます。私の活力です・・・rankingブログランキング



6月24日チェック
×  10人にありがとう 
○  5人からありがとう 
○  クリック募金    
×  6時起き
○  rankingクリック   
○  会社方針を読む  
○  年間目標を読む


タグ 投資顧問 777証券比較 福岡のホームページ制作ドッと混む 世界の株価指数 レコンテ モンキートレード
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。