上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
 
     
     
  
  
メルマガ動画2社長ブログランキング8位はアフロ社長!【入口】メルマガ動画3


アイリンク君




※今日もYAHOOニュースから面白い記事をピックアップし独自の見解でズバッと斬りたいと思います。




菅直人はやっぱりバカですね・・・

民主、社民、共産、さらに一部の自民党も同類
なぜ政治家は気づかないのか、バカなのか。
どこまで経済センスがないのか・・・

このブログが国民の声だ!
・・・ranking


改革ならず、改悪で緊急事態が起きようとしています。人気社長ブログランキング上位サイトではこんな緊急事態にもかかわらず、誰もこのネタに触れようとしません。私が、今日のブログでズバッと書きます。是非、このブログの内容を出来るだけ多くの人に教えてください!
私は、現在起こっている製造業の派遣切りについて、自業自得であると自論を書き、派遣斬りをして来ました。

 平成20年12月25日の日記『派遣斬り』
 平成20年12月11日の日記『進化論』


その派遣というシステムそのものを否定するコメントがYAHOOニュースには多く挙げられています。(以下引用)

■雇用改革、衆院選公約の柱に=小沢氏「日本的経営生かす」-民主
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000190-jij-pol

民主党の小沢一郎代表は8日、雇用情勢の悪化に関して「企業効率一辺倒で雇用制度をねじ曲げてしまったところに問題がある。日本(独自)の考え方を根底に置いて、もう一度仕組みを変えないといけない」と述べ、雇用制度の抜本改革を次期衆院選マニフェスト(政権公約)の柱に据える方針を明らかにした。鳥取市内で記者団に語った。
 小沢氏は、小泉政権時代に労働者派遣法が改正され、製造業への派遣労働が解禁されたことを念頭に、「苦しくても社員の首を切らず、みんなで頑張っていこうというのが日本的経営の良さだった。それを改革の名の下に、用がなくなれば首を切る欧米流の制度にしてしまった」と指摘。「これを直さないと(雇用問題の)根本的解決にならない」と強調した。 

■<民主党>製造業への派遣禁止案作り 社民党と合意
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090107-00000107-mai-pol

民主党の菅直人代表代行と社民党の福島瑞穂党首は7日、製造業への派遣禁止を柱とした労働者派遣法改正案作りを両党が共同で行うことで合意した。これを受け、民主党は「次の内閣」会議で改正に向け、社民、共産、国民新の3党と協議する方針を確認した。

■派遣法改正、修正に含み=製造業への適用禁止-河村官房長官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090107-00000153-jij-pol

河村建夫官房長官は7日午後の記者会見で、民主、社民両党が製造業での派遣労働を禁止するため、労働者派遣法の改正を検討していることについて「野党側の法案も出てくれば、どういう形でいけば一番いいのか考えなければならない」と述べ、修正協議に含みを持たせた。
製造業への派遣禁止は、舛添要一厚生労働相が野党との修正協議に柔軟に対応する考えを示している。景気悪化で自動車など製造業の「派遣切り」が深刻化する中で、何らかの対応を検討せざるを得ないと判断したとみられる。

■悪化する雇用は政府の責任と追及 菅代行と総理論戦
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann/20090108/20090108-00000027-ann-pol.html

衆議院の予算委員会は、民主党の菅代表代行が質問に立ち、悪化する雇用への対応で政府の責任を繰り返し追及しています。麻生総理大臣は、雇用対策を盛り込んだ補正予算案の早期成立の必要性を強調しました。
民主党・菅代表代行:「派遣を切られた途端、単なる失業ではなく、生活ができない、生きていけない。それに対する政治の責任、内閣の責任をどう感じているのか」
麻生総理大臣:「契約のもとで、しかるべき対応をしてると思った企業もあったようだ。そこはまったく冷たく扱われていた。私どもとしては、1次補正予算、2次補正予算案でこの対策を懸命にやらせて頂かなければならない」
また、菅氏は、派遣労働を製造業に認めている労働者派遣法の見直しを求めたのに対し、麻生総理は「現時点では慎重に対応する必要がある」としたものの、「議論は良いことだ」と応じました。菅氏は、定額給付金の問題などで麻生総理を追い詰めたい考えです。

■製造業への派遣労働の規制、慎重な対応が必要=首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000652-reu-bus_all

麻生太郎首相は8日午後の衆院予算委員会で、製造業への派遣労働の規制について、慎重な対応が必要と否定的な考えを示した。菅直人委員(民主)の質問に答えた。
景気悪化に伴って雇用情勢が悪化するなか、特に製造業について派遣労働を規制すべきとの意見が出ている。麻生首相は「基本的には製造業においては、常用雇用が望ましい」との考えを示しながら、「現在、製造業への派遣は45─46万人いると聞いており、(規制は)これを直ちに禁止することになる。厳しい情勢の中で、こうした影響も踏まえ、現時点では慎重に対応する必要がある」と語った。


ズバリ斬る!


民主、社民、自民まで馬鹿ばっかり・・・

政治家はどこまで馬鹿なんですか?

派遣切りを批判し、弱者保護姿勢を打ち出したかのようにした集票目的キャンペーンなのでしょうが、
この製造業での派遣労働の禁止する改正派遣法は大きな危険を伴うでしょう。

製造業での派遣労働の禁止、派遣の範囲を絞るという改正派遣労働法が可決したらどうなるのかよく考えてください。一見、正社員での雇用が増えそうに思いがちですが、そうはならないでしょう。

私がトヨタ自動車の社長であれば、製造拠点の海外移転の加速を行い、高いコストで終身雇用の正社員でしか製造できない日本から逃げます。そうなると、正社員が増えるどころか、日本国内には失業者だらけになるでしょう。日本国内だけの競争の時代は終わり、グローバル競争の時代なのです。安い労働人件費のアジアの生産技術が向上した現在のおいて、敵は国内ではなく他国なのです。仮に国内の正社員が製造するという高い人件費で高い製品しか作れないようになると、安い賃金で安い海外製品に競争で負け、その企業そのものが潰れるでしょう。正社員、終身雇用という感覚は日本人にしか通用しない常識で、世界の非常識であるということに気付く時でしょう。何でも規制規制としていては、日本はそのうち中国の従国となるでしょう。この危険な改悪に国民は気付け!

なぜ政治家は気づかないのか、バカなのか。経済センスがないのか・・・

日本国民よ、気付け!

このブログをより多くの人に読んで欲しい!『これが国民の声だ』アンケートをします!・・・ranking






なぜ政治家は気づかないのか、バカなのか。経済センスがないのか・・・・・・ranking



PS. 人気社長ブログランキングクリックの応援ありがとうございます。私の活力です・・・ranking

【PR】日経225先物売買の裏技!?

1月8日チェック
×  10人にありがとう 
○  5人からありがとう 
○  クリック募金    
×  6時起き
○  rankingクリック   
×  会社方針を読む  
×  年間目標を読む


タグ 投資顧問 株式常勝軍団  証券用語 世界の株価指数 株式投資格言 田母神論文 全文 日経225先物
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。