上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.04 大当り!
メルマガ動画2blogranking社長ブログ【入口】メルマガ動画3

凄い社長さんたちのブログ
ブログランキング1位 ヒルズの虎/甲田 英司・社長日記
ブログランキング2位 エステ社長ブログ@六本木ヒルズ
ブログランキング3位 ゲーム会社ガンバリオン!女社長のBlog


大当たり!!!・・・・ranking

割り箸が・・・・!!!

割れ目がないと割れません!!!

割り箸




さて今日は、所属している博多経友会の4月度定例会に行ってきました。勉強会の内容は、元プロ野球選手で現野球解説者である若菜嘉晴さんからのお話。若菜嘉晴さんをネットで検索するとフリー百科事典に『プロ野球選手(捕手)・コーチ。福岡県筑後市出身。現役時代は西鉄・太平洋・クラウン、阪神、大洋、日本ハムで活躍した。コーチとしては城島健司の育ての親として知られる。現在は野球解説者。』と出て来る超有名な方です。

若菜さん


①キャッチャーは常に冷静な判断力が求められる
②キャッチャーは決してプラス思考ではない
③失敗は悪くない、むしろ良いことである
④非常識さの大切さ




【具体的に】

キャッチャーから送るピッチャーへの制球サインは 通りの場面
それぞれに適したサインを送らなければならない
上記の他に選手のパターンを覚えておかなければならない

良いキャッチャーとは何か失敗したときに、すぐに冷静な対処が出来るキャッチャー。ミスによる悪影響や連鎖が広がらないように措置できることが重要。失敗やミスは悪ではなく(当たり前に起こる事であり)、重要なことは、リスクに備えて予め手段と選択枠を準備しておくこと。
キャッチャーは、守りの時に「この球は打たれないだろう」といったプラス思考ではなく、「この球を仮に打たれた場合でも、こんな手段がある」といったことを考えなければならない。
(バッターボックスに立つ攻めの時は別)
間違って勝つことによってその因果関係を考えないキャッチャーより、失敗して次に同じ失敗をしない為に、因果関係を分析できるキャッチャーが良いキャッチャーである。負けたときのミーティングは当たり前だが、勝った時にも同様にミーティングをしなければならない。

失敗時の修復作業を繰り返すことで、自信と冷静さが携わる。先行きを考え、事前の準備が出来る余裕が出来る。

城島選手は、目の不自由な親を持ち、     な家庭に育った。的場選手は、寺の息子で、大学卒業まで教えられたことだけを正確にこなす様に育てられた。
城島選手は、教えられたこと意外に、非常識な挑戦(チャレンジ)をやって自分のものにするが、的場選手は、教えられた範囲内だけの正確さを求めるあまり、失敗時の対処がうまくいかない。



2時間ほどお話をいただいたのですが、ブログ用に簡潔に書きました。投資、ビジネス、一般生活、家庭内においても、置き換えられることが非常に多いです。実際に明日から社内でのポジショニングを意識しようと思います。今度、時間があるときに具体的にもっと掘り下げて書きたいと思います。・・・・ranking

若菜さん


二次会
今回は、高校の時からの友達で、現在中洲など九州で10店舗以上クラブを経営している栄二との参加でした。某鉄鋼会社役員の方には、このところの鋼材価格上昇の要因とそのリスクなどの業界話、今後の日銀の利上げからの日本経済の影響、為替からの影響など、非常に面白いお話ありがとうございました。生涯学習開発財団認定コーチで日経新聞講師でもある方など、その他たくさんの方と名刺交換をさせて頂き、また貴重なご意見を頂きました。みなさん有難うございました。


明日は投資の業界の方と会食予定。
またまた4時近くになっちゃいました。さて寝ます・・・・ranking



4月3日チェック
○  10人にありがとう 
○  5人からありがとう 
×  クリック募金    
○  6時起き    
○  会社方針を読む  
×  年間目標を読む   
○  ブログを書く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。