上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.18 規制だ!?
        
 
     
     
  
  
メルマガ動画2ランキングが凄いことにっ!【入口】メルマガ動画3



アイリンク君









Yahooのトップニュースに以下の見出しがあった

こんにゃくゼリーメーカーに激励の声殺到 ネットでは販売中止反対の署名活動



窒息死が相次いだこんにゃくゼリーを、規制する法案が、早ければ今国会での提出されるそうだが、消費者からは疑問の声が多いようです。



危険



少し前のことになりますが、子供がシュレッダーに指を突っ込み、指を欠損するという事故が発生し、親が業者を訴えるという事が話題になりました。そのニュースでは、シュレッダー製造業者が指の欠損事故あったことを知りながら公開していなかったという事が最終的に問題視されました。



怪我





しかし、よく考えてください

ハサミや包丁で指を怪我する人のほうが絶対的に多いと思うし、私自身、扇風機に指を入れ怪我をしたことがあります。

扇風機



このシュレッダーの話題と、こんにゃくゼリーの話題何か似ていませんか?


こんにゃくゼリーを飲み込んで窒息するのと、餅を飲み込んで窒息するのは何が違うのでしょうか???


餅詰まらせ




こんにゃくゼリーには法規制をする、餅はしなくても大丈夫なんて可笑しな論点になっているじゃないですか???



このブログの読者は、本質を考えましょう!

本質は何か???


消費者として、シュレッダーに指を突っ込めば欠損することを知るべきで、こんにゃくを飲み込めば窒息の可能性があることを知るべきではないかということです。子供だから分からなくても仕方がなかったというのなら、ハサミや包丁を子供の手元に置かない事と同じように、シュレッダーを手元に置かなければいいだけです。餅を飲み込むなと子供に教えるように、こんにゃくを飲み込むなと親の責任で教えればいいだけです・・・ranking


家庭内教育の怠慢の結果ではないのでしょうか???

もっと、消費者は消費者義務を考え直しませんか???



本質を誰も指摘せず(というより指摘できずに)、そのまま業界規制、商品規制、規制、規制、規制、規制ってあんまり好きじゃないなぁ~


下記3つの法案も、問題と本質のズレがある改悪法案であったと思うし、その後の業界の経済活動を縮小させ、管制不況を招いたんじゃないかな、って思うんですよね。

   改正建築基準法・・・・・姉歯問題、耐震偽装問題
   労働者派遣法改正案・・・グッドウィル問題
   金融商品取引法・・・・・村上ファンド、ライブドアショック




読者の皆さん、書いていること、間違っていますかね???


野田聖子消費者行政担当相、本質を指摘できずに、こんにゃくゼリー規制法案もいいけど、先に規制するべき事があるんじゃないか???
精神論や根性論、幸福論を信じ込まされ、簡単に楽して儲かるとマルチ商法を信じたかわいそうな人が、なんと年間2万人も国民生活センターに相談しているそうなんです



マルチ商法






さて、5時間後は健康診断なので、ゼリーを食べて寝ることにします

ゼリー




ほら~、こんなに大きかったら流石に誰も飲み込もうとしませんよね

問題の蒟蒻畑を製造しているマンナンライフさん、名案です!!!

ひらめき



規制によって柔らかくして、小さく規定を作ろうなんて言われていますが、一掃のこと・・・・・・ranking

とことん、デッカクしちゃいましょうよっ

10cm×10cm×10cmの蒟蒻畑を市場に求む!・・・ranking







今回、こんにゃくゼリーで亡くなられた方、同じ世代の子を持つ親として非常に悲しいことです。がしかし、間違った議論は間違った規制と管制不況を招きかねないこと、懸念がありましたので、本日は極論で書きました事をお許しください・・・ranking

人気社長ブログランキング、本質を極論で語る人がいないのか???







メルマガ動画2全国人気社長ランキング入口はココメルマガ動画3







PS. 人気社長ブログランキングクリックの応援ありがとうございます。私の活力です・・・ranking



スタッフブログ『アイリンク製作所』スタート

10月17日チェック
○  10人にありがとう 
○  5人からありがとう 
×  クリック募金    
×  6時起き
○  rankingクリック   
×  会社方針を読む  
×  年間目標を読む


タグ 投資顧問 株式常勝軍団  証券用語 世界の株価指数 株式投資格言 株式投資クイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。